細かい情報

何のために働くか

社会で生きていくためには、お金が必要です。
お金を得るために、人は働きます。
それ以外にも、働く人はたくさんあります。
自分のやりたいことをやるため、社会に貢献するため、夢を実現するためなど、働く理由は人それぞれです。
長年1つの会社で働く人もいれば、会社を辞めて別の会社で働く人もいます。
今いる会社を辞めて別の会社で働くことを、転職と呼びます。

転職は、欧米諸国では頻繁に行われています。
特に、能力がある人ほどよく転職することが多いです。
これに対して、日本はそれほど転職する人は多くないです。
とはいれ、転職を行う人が少ないという訳ではありません。転職を行う人の数も、年々増えてきています。

転職を行う理由は、人それぞれです。
今よりも良い求人があったため、転職するという人もいます。
さらなるキャリアアップのために転職を行う人も存在します。
現在の仕事では自分のやりたいことができないため、自分のやりたい仕事をするために転職を行うという人も中にはいます。

主な理由について

主な転職の理由について、ランキング形式で説明していきます。

転職理由で最も多いのが、「やりたい仕事がほかにある」です。
これは、全体の約13%を占めています。
次に多いのが、「会社の将来性に関して不安を覚えている」です。
これは、全体の約11%です。
「会社の給与や待遇に不満がある」という理由や、「専門的な技術や知識を身に付けてキャリアアップをしたい」という理由で転職を希望する人も多いです。

また、男性と女性とでは転職の理由が異なってきます。
妊娠や出産、育児のために会社を辞め、育児休暇が終わった後に転職をするという女性は多いです。
また、夫の転勤や転職についていき、自分も転職するという女性も中にはいます。

転職を行う際の流れについて、説明していきます。
まず初めに、求人を募集している会社を調べます。
求人を探すために昔から行われているのが、求人情報誌の活用です。
求人情報誌は、コンビニエンスストアや書店で入手することができます。
以前は有料の物が多かったのですが、最近では無料で入手することができる物も多いです。
無料で入手することができる求人誌のことを、フリーペーパーと呼びます。