資格取得

求人サイトを上手に利用する方法

最近は少子化だと言われてはいますが、保育園に入れない、いわゆる待機児童が多くいます。
子どもが少ないことは事実ですが、働く母親が増えたことによって起きている現象です。
自治体は、待機児童を少しでもへらせるように、新しく保育園を増やしていく取り組みをしています。
そうすると、保育士の数が足りないという問題が自然と浮上してきます。
今では、保育士の求人数が増えていて、探すことも大変なほどになっています。
保育士の求人を取り扱っている求人サイトがいくつもあるので、これらを上手に利用すると仕事探しの効率も良くなります。
求人サイトに、自分の希望する勤務条件を登録しておくだけで、該当する求人があればメールを送ってきてくれるので、毎日のようにたくさんの求人情報を調べなくても済みます。

保育士の給与はどれくらいなのか

保育士には、勤務先が二通りあります。
公立の保育所か民間の保育園のどちらかです。
公立の保育所で働く保育士は公務員試験に通った公務員なので、給与は年数を増すごとに上がりますし、自治体によっての差があるので今回は、除外します。
民間保育園の保育士の給与は、正社員雇用、アルバイト、パート雇用で差があります。
正社員雇用の人の平均月収は約20万円前後といったところです。
ボーナスが支給されたとしても、推定ではありますが、平均年収は300万円くらいとなります。
アルバイト雇用の場合は、日給制や時給制と様々なパターンがあります。
日給で8000円以上、時給で1000円以上あれば良い方でしょう。
パート雇用の場合は、時給制で800円以上あれば良い方だと言えます。
地域によって賃金の差はありますが、国家資格が必要な職業で、子どもを預かるという重大な責任のある仕事ですが、給与は低めだと言えます。